○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1931)丸の内地区のビル賃料はu当り11,414円(31年3月)

 三菱地所が発表した2019年(平成31年)3月期の決算書の附属説明書(FACT BOOK ファクトブック)によれば、三菱村と呼ばれる東京丸の内地区の平成31年3月期のビル賃料は、次のごとくの数値である。

      延床面積       2,915千u 
            貸付有効面積     1,755千u
            事務所空室率           2.19%
            ビル賃貸売上高        235,119百万円

 三菱地所の丸の内地区のビル賃料の年間収入は、2351億円である。

 上記発表の数値より、下記算式で、賃料単価を求める。

         ビル賃貸売上高÷12
            ────────────────                        
            貸付有効面積×(1−空室率)

 2019年3月期の前記した数値を、上記式に代入して求めると、

             235,119,000,000÷12
          ───────────────                            
             1,755,000×(1−0.0219)

= 11,414円/u(坪当り37,732円)

である。

 2019年3月期の丸の内地区のビル賃料は、u当り11,414円、坪当り37,732円である。

 1年前の2018年3月の賃料は、u当り11,281円であった。

 1年間の賃料の変動率は、

                 11,414円
              ──────  = 1.012                               
                 11,281円

1.2%の上昇である。

 丸の内地区の賃料は、僅かであるが、値上がりした。

 過去の丸の内地区のビル賃料は、下記である。

               2002年3月     u当り  10,447円
               2003年3月     u当り  10,570円
               2004年3月     u当り   9,979円
               2005年3月     u当り   8,968円
               2006年3月     u当り   9,502円

2007年3月     u当り 9,845円 2008年3月     u当り 9,791円        2009年3月     u当り 10,283円         2010年3月     u当り 10,542円        2011年3月     u当り 11,738円
       2012年3月     u当り 10,467円        2013年3月     u当り 10,331円        2014年3月     u当り 10,398円        2015年3月     u当り 10,956円        2016年3月     u当り 11,661円
       2017年3月     u当り 11,543円        2018年3月     u当り 11,281円        2019年3月     u当り 11,414円

 丸の内地区のビル賃料は、2016年3月のu当り11,661円をピークにして、少し値下がりしつつ反発を繰り返している状態である。この状態がいつまで続くか。


  鑑定コラム1932)
「丸ビルの賃料は坪当り61,546円(31年3月)」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ