○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1963)東京・帝国ホテルの一室宿泊料金 36,045円(2019年3月期)

 帝国ホテルの2019年3月期の決算書によれば、平成30年4月1日〜平成31年3月31日迄の帝国ホテルの売上高は、58,426百万円である。前期より2.1%のアップである。

 東京本社、大阪のホテル部門の売上高等は、下記である。

1.売上高

     東京本社   10,058百万円     +5.0%(対前年比 以下同じ)
     大阪      2,215百万円     ▲4.1%

2.宿泊室稼働率

     東京本社   82.1%            +3.3%
     大阪     83.7%            ▲3.1%

3.一室宿泊料金

     東京本社   36,045円         +0.7%
     大阪     19,032円         ▲0.5%

 以前の鑑定コラムでも述べたが、帝国ホテルの一室宿泊料金が3.6万円であることは、甚だ安い水準である。

 一人2.5万円で、一室料金5万円程度でもよいでは無かろうかと私は思うが。

 過去の帝国ホテル東京本社のホテルの1室料金を、下記に記す。

          平成21年3月期     32,600円
          平成22年3月期     28,400円
          平成23年3月期     25,700円
          平成24年3月期     26,300円
          平成25年3月期     28,487円
          平成26年3月期     28,405円
          平成27年3月期     30,658円
          平成28年3月期          34,357円
          平成29年3月期          36,528円
          平成30年3月期          35,804円
          平成31年3月期          36,045円

 平成29年の一室宿泊料金を未だ越えない。


  鑑定コラム1807)
「帝国ホテルの一室料金が下がった(30年3月期)」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ