○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1745)住友不動産の平成29年1年間の売上高は9533億円で1兆円に届かない

 住友不動産が、平成30年3月期決算の第3四半期(平成29年4月〜12月)の決算を発表した。

 売上高は、7077億6400万円であった。

 住友不動産の平成29年3月期(平成28年4月〜平成29年3月)決算の売上高は、9251億5100万円であった。

 その29年3月期の第3四半期(平成28年4月〜12月)の売上高は、6795億7300万円であった。

 平成29年1月〜3月の3ヶ月間の売上高は、

           29年3月期の売上高−29年3月期第3四半期の売上高

より求められる。

 その金額は、

           9251億5100万円−6795億7300万円=2455億7800万円

である。

 住友不動産の平成29年1月〜12月の1年間の売上高は、

           2455億7800万円+7077億6400万円=9533億4200万円

9533億4200万円である。

 鑑定コラム1714)「住友不動産は1兆円企業になれるか」で、住友不動産売上高1兆円の企業に頑張れというコラム記事を書いた。

 住友不動産の平成30年3月期決算が発表されるのは、平成30年5月10日前後であり、今から約3ヶ月後である。

 それまで待つには時間がありすぎると思われ、遅いことから、3月期決算発表を待たずに、平成29年1年間の売上高で1兆円行くかどうか、既存発表データで調べて見た。

 平成29年1月〜12月の1年間の売上高が、9533億円である。

 これが3ヶ月ずれたとしても、売上高金額が大きく伸びることは無いと判断される。

 結果、住友不動産の平成30年3月期決算の売上高は、1兆円に届かないと分かった。

 残念である。 期待していたのだが。


  鑑定コラム1714)
「住友不動産は1兆円企業になれるか」

  鑑定コラム1713)「不動産業売上高2位は飯田グループホールディングス」

  鑑定コラム1775)「住友不動産賃貸ビル還元利回り(償却後)2.5%」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ