○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1798)大阪ビジネスホテル料金 平成30年7月

 大阪のビジネスホテルの料金を記す。

 条件は名古屋と同じで、ビジネスホテル、シングルルーム、朝食付、一人の宿泊料である。

 セミダブルのホテルは除外する。

 大阪駅周辺のビジネスホテルとする。

 宿泊日は、平成30年7月10日(火)で、調査した日は平成30年6月23日である。

 ホテル料金は、私がいつも使っているホテル予約ネットの「じゃらんnet」(リクルート)に発表されている料金とする。

 ビジネスホテル料金は下記である。


ホテル名 料金
アパホテル御堂筋本町駅東 7080
ヴィアイン梅田 11500
ホテルグランヴィア大阪 17300
リーガロイヤルホテル 11500
大阪新阪急ホテル 14000
ホテルユニゾ大阪淀屋橋 8900
大阪第一ホテル 14270
スーパーホテル大阪天然温泉 5000
クロス・ウエーブ梅田 8000
三井ガーデンホテル大阪プレミア 18900
ANAクラウンプラザホテル大阪 17500
ドーミイン梅田東 10000
ハートンホテル西梅田 13200
ホテル法華クラブ大阪 9500
ホテルコルディア大阪 11880
ホテル京阪淀屋橋 10270
R&Bホテル梅田東 5700
新阪急ホテルアネックス 12430
ホテルイングランデ梅田 10000
ホテルインモンテ 9000
ホテル阪神大阪 15900
スーパーホテル梅田肥後橋 8000
リーガ中島イン 8480
センターホテル大阪 7300
ホテルWBF淀屋橋西 6450
ホテルニュー松ヶ枝 7360
ホテルサンルート梅田 8900
ザ・ホテルノース大阪 6200
シティルートホテル 5380
平均 10341
標準偏差 3814
変動係数 0.369


 平均料金は10,341円である。標準偏差は3,814である。変動係数は0.369である。

 大阪のビジネスホテル料金は、やはり京都よりかなり高い。

 名古屋より1,200円ほど高い。それは当然と思われる。

 平均料金のホテルは、ホテル京阪淀屋橋、ドーミイン梅田東、ホテルイングランデ梅田辺りである。

 ホテル料金の分布は、下記である。

          料金ゾーン         ホテル件数
     5,000円台            3
     6,000円台            2
     7,000円台            3
     8,000円台           4
     9,000円台            2
     10,000円台            3
     11,000円台           3
     12,000円台           1
     13,000円台           1
     14,000円台           2
     15,000円台           1
     16,000円台           0
     17,000円台           2
     18,000円台           1

 ゾーンのホテル数を見ると、下記である。

   5,000円〜8000円台         12ホテル
      9,000円〜11,000円台       8ホテル
   12,000円〜18,000円台    8ホテル
 
 5,000円〜8,000円台が多いが、低い料金から高い料金まで、価格帯に万遍なくホテルがある。

 ビジネスホテルの料金も、最後は東京である。さて東京のビジネスホテル料金はどれ程の金額であろうか。4都市の料金から推定出来れば素晴らしい。

 不動産鑑定評価で同一需給圏という甚だ曖昧な訳の分からない用語がある。
 その範囲もどこまでを指すのか規定が全く無い。

 それをよいことにして、町田の介護施設の家賃を求めるに三浦半島にある賃貸事例をもってきて比較する。

 横須賀のショッピングセンターの賃料評価に、海を越えた木更津の賃貸事例とか四街道の賃貸事例をもってくる。

 全てこの行為は、同一需給圏という考え方のなせる技である。賃料と土地価格とは密接な関係があり、かつ形成されているから、同一需給圏であるからと云って、遠く離れた賃貸事例等を持ってきて比較すべきものではないと私は思うが。

 ビジネスホテルの立地は、同一需給圏の考えに従えば、岡山も、大阪も、京都も、名古屋も東京も同一需給圏ということになる。

 とすると、岡山、京都、大阪、名古屋のビジネスホテル料金から東京のビジネスホテル料金が分かることになる。

 ホテル料金と賃料とは異なると反論する人はいるであろうが、企業収益還元法と云う手法もあり、企業の売上高から土地価格を求めることも不動産鑑定の手法の1つである。

 同一需給圏を広く捉えている不動産鑑定士の方々、岡山、京都、大阪、名古屋のビジネスホテル料金が分かっているから、東京のビジネスホテルの料金を論理的に推測してはいかが。 答は明日分かる。


  鑑定コラム1795)
「名古屋ビジネスホテル料金 平成30年7月」

  鑑定コラム1796)「京都ビジネスホテル料金 平成30年7月」

  鑑定コラム1797)「岡山ビジネスホテル料金 平成30年7月」

  鑑定コラム1806)「帝国ホテルの宿泊費は安いのではないか」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ