○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1836)桐蔭学園は31年春選抜高校野球に行けそうだ

 神奈川県の横浜青葉台にある桐蔭学園高校は、来春平成31年の甲子園での選抜高校野球に行けそうだ。

 現在、関東地区の秋季高校野球大会が、山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園YBS球場で行われている。

 山梨県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、神奈川県の県大会を勝ち抜いた15校によって、関東秋季高校野球大会が行われている。

 この大会の上位4校は、翌年春の選抜高校野球大会にほぼ出場が確定する。

 秋季大会は、春の選抜高校野球大会の予選の様なものである。

 選抜高校野球大会の選考基準は、おおよそ次のごとくである。

1.全国を8つの地区に分ける。

 その8地区から選ばれる代表校の数は次の通りである。

      北海道地区    1校
      東北地区         2校
      関東地区     4校
      東京地区     1校
      関東・東京地区    1校
      北信越地区    2校
   東海地区          2校
      近畿地区     6校
      中国地区     2校
      四国地区     2校
      中国・四国地区  1校
      九州地区     4校
      計        28校

2.明治神宮大会優勝校 1校

3.21世紀枠      3校

4.合計        32校
 
 関東地区の割り当ては4校である。

 その4校は、関東秋季高校野球大会の成績で決まる。

 桐蔭学園は、10月23日に佐野日大高校と対戦し、8対1で勝って、準決勝進出が決まった。ベスト4になった。

 このことは、来春の選抜高校野球の出場がほぼ決まったということを意味する。

 関東大会ベスト4に残った高校チームは、

       
      桐蔭学園高校(神奈川)
      習志野高校(千葉)
      山梨学院高校(山梨)
      春日部共栄高校(埼玉)

である。

 高校と大学とは違うが、同じ学校経営の高校と大学である。桐蔭横浜大学で講義しており、東急田園都市線青葉台駅から桐蔭学園まで、同学園の小学生、中学生、高校生、大学生と一緒に東京急行のバスにぎゅうぎゅう詰めで、大学へ行き来している。

 こうして大学に行っていることから、高校の応援もしたくなる。

 桐蔭横浜大学の客員教授に就任して、学生に不動産鑑定評価の講義をすることになってから、ずっと桐蔭学園高校の甲子園出場を待ち望んでいたが、なかなか桐蔭学園高校は、春・夏とも甲子園出場をしてくれなかった。

 甲子園に応援に行く機会は無いかもしれないと思い、しびれを切らして、前橋育英高校が初出場したため、甲子園に応援に出かけた。

 出場決定は高野連が決めるのであり、桐蔭学園高校の甲子園出場が決まった訳では無い。もし出場が決定すれば、時間を作って応援に行こうか。

 しかし残念である。高橋由伸巨人軍監督が辞めることになってしまった。


  鑑定コラム1153)
「2013年夏 甲子園前橋育英を応援に」

  鑑定コラム1838)「桐蔭学園が関東地区の秋季高校野球大会で優勝した」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ