○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1850)19ミリ異形棒鋼が1年間でトン当り1.2万円値上りしている

 鑑定コラム1790(2018年6月7日記事アップ)で、東京の19ミリ異形棒鋼が値上りしている記事を記した。

 その後の19ミリ異形棒鋼の価格がどうなっているか、日刊鉄鋼新聞のホームページを訪問した。

 平成29年1月〜平成30年5月までの鑑定コラム1790)の記事に追加して、日刊鉄鋼新聞が発表している平成30年10月までのトン当りの価格を追記する。

 平成30年9月にトン当り1,000円値上りして、トン当り75,000円になった。平成30年10月の価格も同じくトン当り75,000円である。東京高値の価格である。

 平成29年10月はトン当り63,000円であった。1年後の平成30年10月はトン当り75,000円であるから、1年間でトン当り12,000円値上りしている。

 1年間の上昇率は、

                  12,000円
                ──────  = 0.19                              
                  63,000円

19%である。RC造、SRC造建物の建築費が高騰し続けているが、これだけの上昇が基本鋼材にあれば、その高騰も頷けよう。

 平成29年1月〜平成30年10月迄のトン当りの価格推移は、下記である。

      平成29年1月     55,000円
      平成29年2月     56,000円
      平成29年3月     58,000円
      平成29年4月     58,000円
      平成29年5月     58,000円
      平成29年6月     57,000円
      平成29年7月     58,000円
      平成29年8月     60,000円
      平成29年9月     62,000円
      平成29年10月     63,000円
      平成29年11月     65,000円
      平成29年12月     69,000円
      平成30年1月     70,000円
      平成30年2月     71,000円
      平成30年3月     72,000円
      平成30年4月     74,000円
      平成30年5月     74,000円
      平成30年6月     74,000円
      平成30年7月     74,000円
      平成30年8月     74,000円
      平成30年9月     75,000円
      平成30年10月     75,000円


  鑑定コラム1790)
「19ミリ異形棒鋼が値上りしている」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ