○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1947)19ミリ異形棒鋼価格がトン7.4万円に下がった

 鑑定コラム1850)(発表2018年11月19日)で、19ミリ異形棒鋼の平成30年10月現在の価格が、トン当り75,000円(東京高値 以下同じ)で、1年前よりトン当り1.2万円上がり、率にすると18%上昇していると記した。

 その後の19ミリ異形棒鋼の価格がどうなっているか。

 価格情報を発表し記している日刊鉄鋼新聞のホームページを訪れて見た。

 19ミリ異形棒鋼は、2019年5月までトン当り75,000円の市場価格をつけて取引されていた。

 19ミリ異形棒鋼がトン当り75,000円となったのは、2018年9月であった。その価格が2019年5月まで続いた。

 そして2019年6月にトン当り74,000円となった。

 トン当り1,000円値下がりした。

 8ヶ月ほどトン当り75,000円を付けていて、1,000円とはいえトン当り価格が下がったと云うことは、鋼材価格は天井を打ったと判断してよいでは無かろうか。

 大量の鋼材需要を囁かれていた東京オリンピックの建物施設等の建設工事は、そろそろ完成に近づきつつある。

 東京オリンピック関係の鋼材需要は、峠を越えて終わっていると考えれば、鋼材の価格は下がっても良いと判断できる。

 マンション、ホテル建設ブームとはいえ、オリンピックの建物施設の建設需要が無くなれば、鋼材の価格は影響を受けるであろう。

 いよいよ、「景気は東京オリンビックまで」と云われていた噂が、東京オリンピック開催の1年前に、鋼材価格に具体的に現れてきた。

 これから建設業関係の景気後退が囁かれ始めるであろう。

 棒鋼価格の値下がりと土地価格の値下がりとは無関係ではない。

 2008年6月にトン当り11万円という価格をつけた19ミリ異形棒鋼の価格は、その後大暴落する。

 2008年11月6日発表の鑑定コラム480)「19ミリ棒鋼が値下がり始めた」の記事の中で、次のごとく述べている。

 「土地の価格は去年(2007年 平成19年)7月をピークにして下落した。
 現在の都心商業地、住宅地の地価は激しい下落状態である。
 2008年11月を鋼材価格の値下がり時期と見れば、地価下落より1年4ヶ月遅れで鋼材の価格下落が生じた。

 地価暴落を起こした前回の平成バブルの時を振り返って見ると、地価上昇の後を追うごとく鋼材価格は上昇した。
 そして地価が暴落し始めると、鋼材も後追いで下落し始めた。

 今回も全く同じ現象をを引き起こしている。
 地価下落より遅れること1年4ヶ月を経て、鋼材価格が下落し始めた。
 地価変動に対して、鋼材価格は、ある一定のタイムラグを持って価格変動するという経済経験則があると言える。」

 2018年1月以降の、19ミリ異形棒鋼のトン当り価格の推移を、下記に記す。日刊鉄鋼新聞の調査によるものである。

     2018年01月   70,000円
         2018年02月      71,000円
         2018年03月   72,000円
         2018年04月      74,000円
         2018年05月      74,000円
         2018年06月      74,000円
         2018年07月      74,000円
         2018年08月      74,000円
         2018年09月      75,000円
         2018年10月      75,000円
         2018年11月      75,000円
         2018年12月      75,000円
         2019年01月      75,000円
         2019年02月      75,000円
         2019年03月      75,000円
         2019年04月      75,000円
         2019年05月      75,000円
         2019年06月      74,000円
         2019年07月      −


  鑑定コラム1850)
「19ミリ異形棒鋼が1年間でトン当り1.2万円値上りしている」

  鑑定コラム391)「鉄筋鋼材の値上がりが激しい」

  鑑定コラム437)「19ミリ異形棒鋼トン11万円に(2008年6月12日)」

  鑑定コラム480)「19ミリ棒鋼が値下がり始めた」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ