○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1973)一人当り年間お米消費量 2018年は53.8kg

 2019年8月の終わり、金沢に向かう北陸新幹線「はくたか」に、大宮駅より乗る。

 大宮駅を発車してすぐに、車窓から青々とした田の風景が広がるのが見える。

 北陸新幹線は、関東の田園地帯のど真ん中をぶった切って、北西の方向に向かって走る。

 次の停車駅は、軽井沢駅である。

 先の鑑定コラム1972)で、2019年の新米の価格について述べた。

 新米の価格について記述していた時、日本人一人が、一年間に食べるお米の量はどれ程になっているか気になった。

 一人当りのお米の消費量は、年々減少している。しかし無限に減少するものでは無く、いつかは下げ止まる。それはいつか、そしてその量はどれ程か。

 2018年(平成30年)の日本人一人の一年間のお米の消費量はどれ程であろうか。

 農林水産省が、農業統計として発表しているハズであるから、同省のホームページを訪れた。

 2018年一年間の日本人の一人当りのお米の消費量は、農林水産省の調査によれば、53.8kgであった。

 2017年の消費量は、54.1kgであったから、年間で0.3kg減少している。

 お米の一人当りの消費量の減少は、止まっていなかった。

 農林水産省発表による各年の日本人一人当りのお米の消費量は、下記である。

     昭和37年度    118.3kg
        昭和40年度    111.7kg
        昭和45年度     95.1kg
        昭和50年度     88.0kg
        昭和55年度     78.9kg
        昭和60年度     74.6kg

平成02年度     70.0kg 平成07年度     67.8kg 平成08年度     67.3kg 平成09年度     66.7kg 平成10年度     65.2kg
平成11年度     65.2kg 平成12年度     64.6kg 平成13年度     63.6kg 平成14年度     62.7kg 平成15年度     61.9kg
平成16年度     61.5kg 平成17年度     61.4kg 平成18年度     61.0kg 平成21年度     58.5kg 平成22年度     59.5kg
平成23年度     57.8kg 平成24年度     56.3kg 平成25年度     56.9kg 平成26年度     55.6kg 平成27年度     54.6kg
平成28年度     54.4kg 平成29年度     54.1kg 平成30年度     53.8kg


  鑑定コラム1972)
「2019年産米価格は前年比3.7%高」

  鑑定コラム1547)「一人当りお米の消費量54.6kg(平成27年度概算)」

  鑑定コラム815)「お米の消費量、年間一人当り59.5kg」

  鑑定コラム1127)「花嫁はお米3俵と伴に」

  鑑定コラム41)「田の還元利回り4.2%」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ