○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2186)住宅の平均耐用年数は39.7年(2019年)

 一般社団法人住宅生産団体連合会(会長 阿部俊則 積水ハウス株式会社代表取締役会長)が、『2019年度戸建注文住宅の顧客実態調査』を、2020年9月16日に発表した。

 同調査によると、建て替えるまで住んでいた住宅の平均築年数は、39.7年であった。一般木造住宅建物の経済的耐用年数が築40年に近づいてきた。

 前年度の2018年は、39.4年であった。少し建物年数は延びた。

 過去の同団体の調査による建築経過年数を記すと、下記である。

            2008年度          33.0年
            2009年度          34.0年
            2010年度          34.3年
            2011年度          36.4年
            2012年度          36.4年
            2013年度          38.3年
            2014年度          36.2年
            2015年度          38.3年
            2016年度          36.8年
            2017年度          37.0年
            2018年度          39.4年
                2019年度          39.7年

 2019年から39年前というと、1980年(昭和55年)である。

 1980年(昭和55年)がどういう年であったか。ネットのウイキペディア等から振り返って見る。

 1980年5月に、日本はロシアモスクワで開かれるオリンピック不参加を決定した。マラソンの世古、柔道の山下選手の金メダル確実と云われていたのが夢と終わった。

 1年延期された来年(2021年)の東京オリンピックは、新型コロナウイルス感染でどうなることやら。

 6月に、「あー、うー」の大平正芳首相が亡くなった。

 「貧乏人は麦飯を食え」と云った親分池田勇人に負けず劣らず、「東京に三代住むと白痴になる」と発言し、物議を醸したが、田中角栄と共に私の好きな首相である。

 11月に、野球の王貞治選手がホームラン868本を打って引退した。

 王氏は、現在も福岡ソフトバンクの球団の会長として健在である。ソフトバンク球団が、今年のプロ野球日本一になった時、グランドに姿を表しているのをテレビで見た。

 暮れの12月にビートルズのジョン・レノンが、ニューヨークの自宅前でピストルで射殺された。アメリカの銃社会の怖さを改めて知った。

 軽井沢のカラマツ林の中に建つホテルのガーデンステージで味わった、レノンの愛した「ジョンのロイヤルミルクティー」を思い出す。

 世は歌につれてであるが、1980年に流行った歌では、谷村新司の『昴』と五輪真弓の『恋人よ』が記憶に残る。

 五輪真弓が静かに感情を押さえて歌いだし、そして高らかに歌い上げる『恋人よ』(作詞・作曲五輪真弓)の歌は、何度聞いても感動する。

 ♪♪  枯れ葉散る夕暮れは
    来る日の寒さをものがたり
        ・・・・・・・
        ・・・
        恋人ょ 傍にいて
        凍える私の傍にいてょ
        ・・・・・・・
        ・・・

 心にしみる歌詞であり、良いメロディである。

 1980年については、もう一つの鑑定コラム1693)で記している。


  鑑定コラム1693)
「 ジョン・レノンが亡くなった年に建てた木造住宅が寿命を迎えている」

  鑑定コラム1819)「住団連 建替建物の平均築年数は37.0年(2017年度)」

  鑑定コラム1998)「「いい日旅立ち」の流行った年に建てた建物が寿命を迎えた(耐用年数39.4年)」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ