○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2218)銀座の店舗賃料 2021年1月坪当り27,515円(1階は除く)

 銀座の賃料は景気に敏感である。

 銀座を営業地盤としている不動産仲介及び不動産情報提供会社の株式会社スペーストラストが、2021年1月の銀座店舗賃料相場(1階を除く)を発表した。

 1階を除く銀座の店舗賃料は、坪当り27,515円である。

 1年前の2020年1月の店舗賃料は、坪当り29,572円であった。

 1年間で、

                    27,515円
                 ───────  = 0.930                           
                    29,572円
▲7%下落している。

 この間何が起こったかと云えば、今でも治まっていない新型コロナウイルスの感染拡大である。

 2020年1月と2021年1月の東京の新型コロナウイルスの感染者数は、NHKの発表によれば、
       2020年1月   3人
              2021年1月   40,367人
である。計算はNHK発表の日ごとの感染者数の1ヶ月を総計して私が求めた人数である。

 1年前は3人の感染者に過ぎなかったのに、1年後には4万人余になっている。

 政府自民党・都知事は何をしていたのかと云いたいが、自粛要請以外何の対策もしない行政に怒りをぶっけても仕方ない。次の選挙で落とす以外一都民として取るべき有効な手段は無い。

 新型コロナウイルス感染増加に伴う非外出の政府自民党・東京都のお願い、緊急事態宣言による飲食店の営業時間の制限等が行われた。

 これら政策による影響は、銀座の店舗も無関係では無く、その政策が店舗賃料に大きく影響した。

 但し、銀座店舗賃料の下落はそればかりでは無い。

 銀座店舗賃料は、2019年10月にピークをつけ、景気下落の影響を受けて、賃料下落傾向にあった。それに新型コロナウイルス感染の政策が拍車を掛けたと考えるべきである。

 株式会社スペーストラストが発表している1階店舗を除く銀座の店舗賃料の2019年1月以降の賃料の推移は、下記である。

       2019年01月    坪当り 27,086円
       2019年04月    坪当り 28,564円
       2019年07月    坪当り 28,681円
       2019年10月    坪当り 31,178円
       2020年01月    坪当り 29,572円
       2020年04月    坪当り 27,099円
       2020年07月    坪当り 26,765円
       2020年10月    坪当り 28,152円
       2021年01月    坪当り 27,086円
 上記賃料をグラフにすると下図である。




銀座店舗賃料グラフ




 株式会社スペーストラストのホームページ氏は、銀座の賃貸状況と街の状況について、次のごとく述べる。

 「このコロナ禍の不安の中、出店を躊躇している動きも見受けられた。
 反面、美容室等のサービス業態は、さほどコロナの影響も受けず出店需要があった。」

と述べる。

 そして、街の状況として、

 「20時で閉める店舗が殆どであり、それ以降の夜の街は今までにない静けさに包まれ、夜の銀座の華やかさが消されてしまったようである。」

と述べるが、最後は、正に銀座っ子らしく、

 「もう暫くはこの辛抱が続くと思うが、必ずまた華やかな銀座が戻ってくると信じたい。」

の言葉で記述を終える。


  鑑定コラム2091)「コロナウイルスの賃料への影響はまだ出ていない」

  鑑定コラム2092)「銀座の店舗賃料 2020年1月〜4月▲8.4%」

  鑑定コラム2220)「地価LOOK 東京圏令和2年12月地価DI値は▲21」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ