○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1860)北陸新幹線金沢駅の一日の乗車人数は7,895人(推定)

1.はじめに

 鑑定コラム1859)で、北陸新幹線の乗車率は43%と分析した。

 この乗車率は、北陸新幹線上越妙高駅−糸魚川駅の乗車人数から分析した数値である。

 北陸新幹線の乗車率、年間乗車人数も分かったことから、金沢駅の新幹線乗車人数を求めてみる。

2.金沢駅始発の全乗車人数

 金沢駅始発の「かがやき」、「はくたか」の上り本数は、一日29本である。

 その一編成12両の座席数は931席である。

 一日の始発の全座席数は、

       931×29=26,999

である。

 この席数については、鑑定コラム1859)で、詳しく記した。

3.金沢駅と富山駅等の全乗車人数

@ 金沢駅の全乗車人数
   北陸新幹線の乗車を含めた金沢駅の乗車人数は、金沢市が発行している『金沢観光調査結果報告書』によれば、2016年度の乗車人数は、8,273,981人である。

 一日当りの乗車人数は、

      8,273,981人÷365日=22,668人

である。

A 北陸新幹線長野駅−金沢駅間の駅
 北陸新幹線の乗車人数は、856万9千人とJR西日本が発表したことについては、鑑定コラム1859)で記した。

 この乗車人数は「上越妙高駅−糸魚川駅」の間の人数である。

 北陸新幹線の長野駅から金沢駅までの駅を、下り方向の順に記す。

                        長野
             ↓
                        飯山
                          ↓
                      上越妙高
             ↓
                        糸魚川
                          ↓
                    黒部宇奈月温泉
                          ↓
                       富山
             ↓
                        新高岡
                          ↓
                       金沢

B 富山駅等の乗車人数
 北陸新幹線糸魚川駅から金沢駅の間にある駅は、黒部宇奈月温泉駅、富山駅、新高岡駅の3つである。

 2018年6月20日の北日本新聞は、JR西日本の発表として、上記3つの駅の既存鉄道を含めた2016年度の一日の全乗車人数を記している。下記である。

      黒部宇奈月温泉駅            898人
            富山駅                    7,843人 
            新高岡駅                  1,988人
              計                     10,729人

C 金沢駅と富山駅等の全乗車人数比
 金沢駅と富山駅等の乗車人数は、下記である。

           金沢駅                   22,668人
           富山駅等                 10,729人
            計                      33,397人

 金沢駅乗車人数の占める割合は、

                22,668人
              ─────     =0.68                                 
                33,397人

68%である。

4.金沢駅の北陸新幹線乗車人数

 北陸新幹線の乗車率は43%である。

 北陸新幹線の金沢駅発の上りの全座席は、26,999席である。

       26,999席×0.43=11,610席

 乗車率43%とした場合、金沢駅始発の乗車人数は、11,610人と求められる。

 しかし、上記に使用した乗車率の43%は、上越妙高駅−糸魚川駅間の乗車率である。

 金沢駅から糸魚川駅までの間には、上記したごとく富山等の3つの駅がある。

 43%の乗車率には、この富山駅等3駅の乗車人数が含まれている。その人数を控除する必要がある。控除する方法として、富山駅等3駅と金沢駅の全乗車人数の割合を使用して求めることにする。

 金沢駅に富山駅等3駅を含めた全乗車人数に占める金沢駅全乗車人数の割合は、68%である。
 
             11,610人×0.68=7,895人

 金沢駅の北陸新幹線乗車人数は、一日当り7,895人と求められる。

 但し、この人数は、田原の推測によるものである。JR西日本が発表したものではない。


  鑑定コラム1857)
「日銀金沢支店の報告では金沢の景気状況は具体的に理解し難い」

  鑑定コラム1855)「平成29年金沢市勤労者実収入は全国1位」

  鑑定コラム1859)「北陸新幹線の乗車率は43%」

  鑑定コラム1861)「金沢市の平成29年の観光客数は平成27年より減少している」

  鑑定コラム1862)「北陸新幹線開通後の金沢の住宅家賃は値上りしている」

  鑑定コラム1863)「北陸新幹線開通後の金沢の事務所賃料は横ばいである」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ