○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1859)北陸新幹線の乗車率は43%

1.はじめに

 平成27年(2015年)3月14日に、金沢−東京を結ぶ北陸新幹線が開通した。

 北陸新幹線の乗車率はどれ程であろうか。

 北陸新幹線を運行・運営する西日本旅客鉄道株式会社(以下「JR西日本」とする)は、乗車率はどれ程か分かっているであろうが、公表しない。

 JR西日本が公表しないことから、北陸新幹線の乗車率を推測して見る。

2.JR西日本の公表データ

 2018年3月16日に、JR西日本は、『北陸新幹線3年目のご利用状況(2017年3月14日から2018年3月13日まで)』を発表した。

 それは、北陸新幹線の「上越妙高駅−糸魚川駅」間の利用者数を発表したものであった。

 その内容は、下記である。

          3月(14日から)            48.9万人
          4月                      62.5万人
          5月                      74.6万人
          6月                      63.5万人
          7月                      66.5万人
          8月                      87.5万人
          9月                      71.8万人
         10月                      78.0万人
         11月                      79.1万人
         12月                      69.0万人
          1月                      63.5万人
          2月                      62.7万人
          3月(13日まで)            29.3万人
         計                       856.9万人

 北陸新幹線開業3年目の1年間の乗車人数は、856万9千人である。1日当たりの乗車人数は、

           8,569,000人÷365日=23,477人

23,477人である。

 この人数は、上り、下りの往復の人数である。片道ではこの半分となり11,739人となる。

 月によって、随分と利用者数が違う。半端な3月を除いて、最高は8月の87.5万人であり、最低は4月の62.5万人である。

 乗車人数万人台で見ると、下記である。

     60万人台   4月、6月、7月、12月、1月、2月

70万人台   3月(48.9万人+29.3万人=78.2万人)、5月、9月、 10月
80万人台   8月

 乗車人数が60万人台の月が、6ヶ月ある。

3.上越妙高駅−糸魚川駅間を走る新幹線列車の本数

 北陸新幹線の上越妙高駅−糸魚川駅間を走る特急は、「かがやき」と「はくたか」である。

 東京から金沢に向かう下りの1日の運行本数は、30本である。金沢から東京に向かう上りの1日の運行本数は29本である。

 下り、上りの1日運行の本数は、

            30+29=59本

である。

4.座席数

@ 列車の品等クラス
 「かがやき」、「はくたか」の列車編成は、何れも12両編成である。

 号車の品等クラスは、下記である。
     
           1〜10号車   普通車
     11号車     グリーン車
     12号車     グランクラス
 
A クラス別座席数
 イ、普通車の座席数は、1列に5人席で、17列ある。

   座席数は、

        5×17=85席
     85席×10両=850席
 
である。

 ロ、グリーン車
 11号車のグリーン車は、1列に4人席で、15列と、16列は3人席である。

                4×15+3=63席

 ハ、グランクラス
 12号車のグランクラスは、1列に3人席で、6列である。

         3×6=18席

B 合計座席数
 上記より、合計座席数は、

               850+63+18=931席

である。

5.年間の座席数

 1列車の座席数は、上記より931席と分かった。

 一日の運行回数は59本である。

 一日の座席数は、

                931席×59=54,929席

である。

 一日も休みが無いとして、年間の座席数は、

               54,929席×365日=20,049,085席

である。

6.乗車率

 上越妙高駅−糸魚川駅間の2017年3月14日〜2018年3月13日の1年間の乗車人数は、8,569,000人であると、JR西日本は発表した。

 同期間の年間の座席数は、20,049,085席と上記より求められた。

         8,569,000 
                ─────── =0.427≒0.43                        
                 20,049,085

 乗車率は43%と求められる。

 北陸新幹線の乗車率は、43%である。


  鑑定コラム1857)
「日銀金沢支店の報告では金沢の景気状況は具体的に理解し難い」

  鑑定コラム1855)「平成29年金沢市勤労者実収入は全国1位」

  鑑定コラム1860)「北陸新幹線金沢駅の一日の乗車人数は7,895人(推定)」

  鑑定コラム1861)「金沢市の平成29年の観光客数は平成27年より減少している」

  鑑定コラム1862)「北陸新幹線開通後の金沢の住宅家賃は値上りしている」

  鑑定コラム1863)「北陸新幹線開通後の金沢の事務所賃料は横ばいである」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ