○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2142)菅自民党総裁 株式は歓迎せず 日経株価▲104円安

 安倍首相が辞意を表明し、政権与党の自由民主党の総裁選挙が2020年9月14日に行われた。

 安倍内閣の官房長官として長く安倍首相の女房役として仕えた菅義偉氏が、新しい自由民主党総裁に選ばれた。

 議員内閣制の日本の政治制度では、国会で議員による多数決で首相が選出されるが、国会議員の多数を占める政党の長が、当然多数決で首相に指名されることになる。

 自由民主党は、国会で、圧倒的多数の国会議員数を占めていることから、

      自由民主党総裁=日本の首相

と云うことになる。

 菅義偉氏が14日午後の中半の自民党内選挙で総裁に選ばれたから、次期首相は菅義偉氏となった。

 翌日の2020年9月15日の東京一部上場株式はどう動くか見守っていた。

 日経平均は、23,454円89銭で終わった。前日比▲104.41円安(▲0.44%)である。

 高値、安値の動きは下記である。


      始値     23438.83円
            高値   23477.86円
            安値   23351.35円 
            終値   23454.89円

 日経ウエブは、ザラ場の状況を次のごとく伝える。
 
 「前日に菅義偉官房長官が自民党の新総裁に選出されたが、次は新政権の組閣人事や政策の具体的な中身などを見極めたいという雰囲気が漂った。鉄鋼や空運、商社など景気敏感のバリュー(割安)株を中心に売りが優勢となった。」

 騰落銘柄数を見ると、
             上場銘柄数    2174
             値上がり      828
             値下がり          1248
             変わらず            88
である。

 DI値を求めると、
                828−1248
            ───────×100 = ▲19.3                         
                  2174
である。

 株価は、菅内閣に対して冷ややかな態度を示した。


  鑑定コラム2135)
「2020年8月31日 日経平均株価 +257.11円高の23,139.76円」

  鑑定コラム2134)「安倍首相辞意を表明」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ