○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2134)安倍首相辞意を表明

 2020年8月28日に安倍首相は総理大臣の職を辞すると表明した。

 総理大臣を辞める決意をしたのは、持病の潰瘍性大腸炎が再発悪化し、総理大臣の職務を継続することが困難となったと自身判断したためと云う。

 総理官邸での記者会見では、「病気と治療を抱えて体力が万全でない中、政治判断を誤ることがあってはならない」と述べた。

 2012年(平成24年)12月26日に、第2次安倍内閣として発足し、7年余と続いた安倍内閣は終わった。

 リートバブルを創出した総理大臣である。リートバブル崩壊が益々現実化してきた。

 日銀の黒田総裁はどうするであろうか。

 官僚の最高峰である大蔵省(財務省)事務次官の辿りつく最後の椅子が、「日本銀行総裁」の椅子と云われているが、ここしばらくはそれが実現していない。

 さて、誰が次の日銀総裁の椅子に座るのか。
 
 日経平均株価は、午後2時頃に安倍首相辞意表明のニュースが流れると、「国内政治情勢に対する不透明感から一気に売りが膨らんだ。下げ幅は一時600円を超えた。」と日経ウエブは、東京株式取引市場のザラ場の状況を伝える。

 2020年8月28日の日経平均株価は、前日比326円21銭(1.41%)安の2万2882円65銭で取引を終えた。

 記者会見は株価への影響を恐れ、金曜日午後5時から始まったが、自民党臨時役員会等への事前報告があり、それ等から首相辞意表明のニュースが洩れた。

 9月1日(月曜日)の東証株価はどう動くであろうか。


  鑑定コラム1060)
「インフレ率と失業率の関係」

  鑑定コラム1181)「開高健の『ベトナム戦記』」

  鑑定コラム1246)「安倍改造内閣に株価下落、株式市場はノー」

  鑑定コラム1290)「株式市場は安倍政権を歓迎しなかった」

  鑑定コラム1691)「衆議院解散総選挙 東証日経平均株価96.06円高」

  鑑定コラム2050)「教育の低下を憂う」

  鑑定コラム2057)「2020年7月東京オリンピック開催は無理」

  鑑定コラム2084)「新型コロナウイルス感染者・9週間後 2020年5月7日15,157人」

  鑑定コラム2135)「2020年8月31日 日経平均株価 +257.11円高の23,139.76円」

  鑑定コラム2142)「菅自民党総裁 株式は歓迎せず 日経株価▲104円安」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ