○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1823)2018年産米価格は上げ止まりで、前年比より少し安い

 米穀物取引会社の日本コメ市場株式会社が、平成30年(2018年)8月30日の同社のホームページに、2018年産米の取引価格を発表した。

 その価格は、2018年8月22日のコメ市場で取引された平均価格である。下記である。単位60kgである。

            茨城産  コシヒカリ   14,250円
            千葉産  あきたこまち  14,128円
            千葉産  ふさおとめ   13,834円

 1年前の平成29年(2017年)9月4日の同社のホームページに発表された、2017年産米の取引価格(2017年8月25日のコメ市場で取引)は、下記であった。

            千葉産  コシヒカリ   14,550円
            千葉産  あきたこまち  14,387円
            千葉産  ふさおとめ   14,003円

 同じ産地の銘柄米の価格比較出来るのは、千葉産あきたこまちと千葉産ふさおとめである。

 その価格比較は、下記である。

                                30年            29年         価格差

    千葉産あきたこまち  14,128円    14,387円    ▲259円      千葉産ふさおとめ   13,834円    14,003円   ▲169円

 変動率は、

         千葉産あきたこまち          ▲259÷14,387=▲1.8%
         千葉産ふさおとめ            ▲169÷14,003=▲1.2%

である。

 価格アップが続いていた新米の価格も、平成30年の新米価格で上げ止まり、昨年より少し安くなりそうである。

 日本コメ市場株式会社が発表している新米の過去の取引価格を記すと下記である。

 30年産米(2018年8月22日取引)
            茨城産   コシヒカリ     14,250円
            千葉産   あきたこまち    14,128円
            千葉産   ふさおとめ     13,834円

 29年産米(2017年8月25日取引)
            千葉産   コシヒカリ     14,550円
            千葉産   あきたこまち    14,387円
            千葉産   ふさおとめ     14,003円

 28年産米(平成28年8月25日取引)
      茨城産   コシヒカリ     13,151円
         茨城産   あきたこまち        12,834円
      千葉産   ふさおとめ          12,661円

 27年産米(平成27年8月20日取引)
      茨城産   コシヒカリ     10,861円
         茨城産   あきたこまち        10,500円
      千葉産   ふさおとめ          10,134円

 26年産米(平成26年8月21日取引)
      茨城産   コシヒカリ     10,019円
         千葉産   あきたこまち         9,300円
      千葉産   ふさおとめ           9,167円

 25年産米(平成25年8月29日取引)
      茨城産   コシヒカリ     12,661円
      茨城産   ひとめぼけ     12,200円
         茨城産   あきたこまち        12,270円
         茨城産   チヨニシキ          11,900円
      千葉産   ふさおとめ          12,210円

 24年産米(平成24年8月23日取引)
      茨城産   あきたこまち    15.900円
      千葉産   ふさおとめ          15,969円

 23年産米(平成23年9月8日取引)
      茨城産   コシヒカリ     14,700円
         茨城産   あきたこまち        14,050円
      千葉産   ふさおとめ          14,813円
            福井        ハナエチゼン        14,813円

 22年産米(平成22年8月10日取引)
           宮崎         コシヒカリ          12,797円

 上記新米の取引価格を見ると、平成24年が最高価格で翌年の平成25年に急激に下落する。

 その下落は26年にも及ぶ。

 そして平成27年より上がりはじめて平成29年迄上がる。

 今回の平成30年で少し下落するという価格推移である。

 各年で価格が発表されている「千葉ふさおとめ」の銘柄の価格推移を見ると、それが良く分かる。

       平成23年      14,813円
       平成24年      15,969円
       平成25年      12,210円
       平成26年       9,167円
       平成27年      10,134円
       平成28年      12,661円
       平成29年      14,003円
       平成30年      13,834円

 新米価格が急激に下落した平成25年、26年には何があったのか。


  鑑定コラム1545)
「2016年産米は高くなりそうだ」

  鑑定コラム1686)「2017年産米も高くなりそうだ」

  鑑定コラム1403)「平成27年産米価格13%アップか」

  鑑定コラム1129) 「25年産米価格大幅下落」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ