○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2639) 名古屋のビジネスホテル料金 2023年7月8,316円、8月8,673円

 武漢発の新型コロナウイルスは、2020年2月に日本に上陸した。2020年2月の名古屋駅周辺のビジネスホテル料金は、7,518円であった。

 それから3年6ヶ月経った。

 日本に上陸した武漢発の新型コロナウイルスは、ビジネスホテル業界を苦境に落とし込み、大変な経済的影響を及ぼした。

 名古屋駅周辺のビジネスホテル料金は、2023年3月が8,541円、4月が8,839円である。

 一年前の2022年4月の7,097円の料金と比べれば、料金は1.25倍になっている。

 ビジネスホテルのこの料金の変動を知れば、日本経済はほぼ元に戻り、景気は回復したといえるのでは無かろうか。

 ビジネスホテル料金は、目に見える数値として、手軽な景気動向の判断の1つになるでは無かろうかと私には思える。

 2023年7月2日に7月20日(木)の、2023年8月1日に8月23日(水)の名古屋駅周辺のビジネスホテル宿泊料金を調べた。

 条件は、ビジネスホテル、朝食付 シングル、禁煙部屋とする。

 ホテル宿泊料金は、私がいつも使っているホテル予約ネットの「じゃらんnet」(リクルート)に発表されている宿泊料金とする。

 名古屋の2023年7月20日、8月23日のビジネスホテルの料金、前月比、料金DI値は、下記のとおりである。

                  宿泊費       前月比      料金DI値
   名古屋7月    8,316円     -2%    -15
   名古屋8月    8,673円     +4%    +60

 名古屋駅周辺のビジネスホテル料金は、令和元年(2019年)7月は、8,090円であった。新型コロナウイルス感染が全くない時期のホテル料金である。

 令和2年(2020年)2月は、先に述べた7,518円であった。

 令和3年(2021年)2月は、最低の料金の5,095円になった。

 2022年1月は6,390円、2月は6,121円、3月は6,114円だった。

 4月は7,097円となり7,000円の大台に乗った。

 そのまま7,000円台が続くかなと思ったら、5月は6,565円と、再び6,000台に戻ってしまった。

 6月は6,637円、7月は6,943円となる。

 8月は影響は少ないがニッパチの売上高減の経験則の通り6,836円と7月より下落する。

 9月はニッパチの8月として下落が少なかった分値上りも多くないが、7,131円と成り久しぶりに7,000円台の料金になった。

そして10月は前月比26%アップで、8,987円となる。

 2020年2月の7,518円を、2年8ヶ月後に乗り越えて、8,987円となった。コロナウイルス感染の影響をビジネスホテル業界は乗り切った。

 11月は前月比▲3%ダウンであったが、8,000円台を保ち、8,689円であった。

 およそ2週間の間隔を開けて調査しているが、いつもは空室があり予約募集している常連のビジネンホテルの名前が、ホテル予約ネットの「じゃらんnet」(リクルート)から消えていた。ホテルが予約満室になっているということか。

 12月は前月比▲0.3%ダウンであるが、ほぼ横ばいの8,661円である。

 新しい年になった2023年の1月は、前月比+3%の8,897円となる。

 2月はニッパチの諺通り売上高は下落し、前月比▲7%の8,250円となる。

 ニッパチの売上高減の諺が適用されるごとくなったと云うことは、名古屋のビジネスホテル業界は、正常な業務状態になったという証拠である。

 3月は前月比+4%の8,541円である。三大都市のビジネスホテル料金は前月比29%〜184%上がり、1万円台(12,700円〜16,000円)である。

 名古屋の料金の低料金が目立ってくる。

 「名古屋は魅力の無い都市なのか」のフレーズをコラム題につけざるを得なかった。

 日本政府は、これまで屋外では原則着用としてきたマスクについて、2023年3月13日からマスクの着用は個人判断にまかすという政策とした。

 加えて、2023年3月、新型コロナウイルス感染の影響も少なくったことから、政府は海外からの訪日観光客の訪日制限を緩くした。

 海外からの訪日観光客の姿を東京でも多く見るようになってきた。

 4月は前月比3%の8,839円である。

 京都の4月は値下がりしたが11,234円、大阪は12,986円、東京は16,265円である。名古屋以外の3都市のビジネスホテルは1万円を越えている。
 
 どうして名古屋は8,800円台の料金なのか。

 名古屋はやはり魅力のない都市で、コロナ感染政策が撤廃されても、ホテル料金が上がらないことは、観光客にとって名古屋は魅力の無い都市ということなのか。

 ホテル料金から、名古屋の産業・経済の力、景気の状態が見えてくる。

 5月は、4月の料金とほぼ同じで横ばいの8,899円である。6月は前月比▲5%の8,451円である。

7月は6月よりもなお値下がりし-2%の8,316円となった。

 8月はニッパチの8月であるから、なお下落すると思ったら+4%のアップの8,673円である。ニッパチのジンクスは名古屋のホテルには当てはまらないようである。15軒のホテルの内1軒が値下げしているだけで、10軒のホテルが値上がりしている。不思議な地域の現象である。

 2022年10月に8,987円の最高値をつけてから、2023年8月迄11ヶ月間、8千円内で料金は上下を繰り返している。
 DI値は2022年7月が+29であったのが、8月は−17であり、9月は+29であった。10月は+93である。11月は0である。12月は−8である。

 2023年1月は+18である。2月のDI値は大きく下がって-64である。3月は+58である。4月は+43である。5月は+20である。6月は4ヶ月振りにマイナスとなり、-7である。7月は-15である。
      値上げ     5ホテル
            据置      3ホテル
      値下げ     6ホテル
である。

 8月のDI値は、世間はニッパチの8月というのに+60である。これには驚く。
      値上げ     10ホテル
            据置      4ホテル
      値下げ     1ホテル


 名古屋駅周辺の2020年2月〜2023年8月迄のビジネスホテルの料金の推移をグラフにしたのが、下記のグラフである。




2020年2月〜2023年8月名古屋ホテル料金



 下記に、2023年7月20日、8月23日の名古屋駅周辺のビジネスホテル料金分析一覧表を記す。

(2023年7月20日)

  ホテル名 令和5年6月22日a 令和5年7月20日b 変動率 b/a-1
1 チサンイン名古屋 6720 6975 0.038
2 三交イン名古屋新幹線口アネックス 8200 7700 -0.061
3 名鉄イン名古屋駅前 7200 7600 0.056
4 リッチモンドホテル名古屋新幹線口 12300 10620 -0.137
5 アパホテル名古屋駅前 10400 9630 -0.074
6 ダイワロイネットホテル名古屋駅前 13200 12700 -0.038
7 くれたけインプレミアム名古屋納屋橋 6840 7100 0.038
8 相鉄フレッサイン名古屋新幹線口 9200 9270 0.008
9 スマイルホテル名古屋新幹線口 7700 7700 0.000
10 第一富士ホテル名古屋駅前 7500 6175 -0.177
11 ホテルユニゾ名古屋駅前 10427 9525 -0.087
12 スーパーホテル名古屋駅前 8100 7100 -0.123
13 東横イン名古屋駅前新幹線口 8400 8820 0.050
14 ヴィアイン名古屋新幹線口   8100  
15 サイプレイスホテル名古屋駅前   9550  
16 ハミルトンホテルブルー名駅南   6300  
17 名古屋フラワーホテル   6500  
  平均   8316  
  標準偏差   1740  
  変動係数   0.209  


(2023年8月23日)

  ホテル名 令和5年7月20日a 令和5年8月23日b 変動率 b/a-1
1 チサンイン名古屋 6975 6540 -0.062
2 三交イン名古屋新幹線口アネックス 7700 8400 0.091
3 名鉄イン名古屋駅前 7600 8700 0.145
4 リッチモンドホテル名古屋新幹線口 10620 12100 0.139
5 アパホテル名古屋駅前 9630 10700 0.111
6 くれたけインプレミアム名古屋納屋橋 7100 7100 0.000
7 相鉄フレッサイン名古屋新幹線口 9270 10620 0.146
8 スマイルホテル名古屋新幹線口 7700 7700 0.000
9 第一富士ホテル名古屋駅前 6175 8000 0.296
10 ホテルユニゾ名古屋駅前 9525 10327 0.084
11 スーパーホテル名古屋駅前 7100 7200 0.014
12 東横イン名古屋駅前新幹線口 8820 8820 0.000
13 サイプレイスホテル名古屋駅前 9550 11850 0.241
14 ハミルトンホテルブルー名駅南 6300 6300 0.000
15 名古屋フラワーホテル 6500 6700 0.031
16 ヴィアイン名古屋駅前椿町   10200  
17 名古屋金山ホテル   10000  
18 名古屋クラウンホテル   7250  
19 ジャストインプレミアム名古屋駅   7480  
20 ホテルランドマーク名古屋   6600  
21 グレイスイン名古屋   6000  
22 東横イン名古屋栄   7245  
23 ホテルルートイン名古屋栄   6500  
24 名古屋グランドホテル   15700  
25 東京第一ホテル錦   8800  
  平均   8673  
  標準偏差   2308  
  変動係数   0.266  



  鑑定コラム2289) 「野戦病院を造れ 何故造らないのか」

  鑑定コラム2343) 「京都のビジネスホテル経営者は現金だ  2021年12月」

  鑑定コラム2305) 「何故急激に武漢発新型コロナウイルス感染者は激減したのか」

  鑑定コラム2449) 「ニッパチの影響の少ない名古屋のビジネスホテル料金 2022年8月」

  鑑定コラム2475) 「2022年9月名古屋のビジネスホテル料金 7131円 前月比+4%アップ」

  鑑定コラム2497) 「2022年10月名古屋のビジネスホテル料金は2020年2月を越える 8987円」

  鑑定コラム2507) 「東京ビジネスホテル料金凄まじい値上り 13584円 2022年11月」

  鑑定コラム2515) 「2022年11月 名古屋のビジネスホテル料金は8689円 対前月比▲3%」

  鑑定コラム2541) 「2022年12月 名古屋のビジネスホテル料金は8661円 対前月比横ばい」

  鑑定コラム2560) 「2023年1月 名古屋のビジネスホテル料金は8,897円 対前月比+3%」

  鑑定コラム2572) 「2ニッパチの2023年2月名古屋のビジネスホテル料金前月比▲7% 8,250円」

  鑑定コラム2583) 「2023年3月名古屋のビジネスホテル料金 8,541円 名古屋は魅力の無い都市なのか」

  鑑定コラム2586) 「2023年4月東京ビジネスホテル料金 前月比横ばい 16,265円」

  鑑定コラム2592) 「2023年4月名古屋のビジネスホテル料金 前年同月比1.25倍 8,839円」

  鑑定コラム2612) 「2023年5月名古屋のビジネスホテル料金 前月比横ばい 8,899円」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ