○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

1759) 2018年3月末 日経平均株価は21,454円30銭

 2018年3月30日(金)の東京証券取引所の日経平均株価終値は、21,454円30銭で終わった。前日比+295円22銭高で終わった。

 ニューヨーク株式の29日の市場は、日本時間30日午前5時に終わった。その終値は24,103ドル11セントであり、前日比 +254ドル69セントであった。

 ニューヨーク市場の29日の終値を、30日の早朝に、インターネットで知った時、今日30日の日本の東京株価は上がるであろうと予想していた。

 案の定、今日30日の東京の日経平均は上がって終了した。

 ニューヨーク市場と日本の株式市場の時間の関係を、3月29日、30日の日本時間で述べると次のとおりである。サマータイムの市場時間である。

 ニューヨーク29日市場
 日本時間3月29日午後10時30分〜30日午前5時まで

 東京30日市場
 日本時間30日午前9時〜30日午後3時まで

 ニューヨーク市場が終わり、東京市場が始まる時間差は、4時間の時間差である。

 ニューヨーク市場の株価が上がったら、4時間後に開かれる東京市場の株価は、ニューヨーク市場の影響を受けて上がる。下がったら東京市場の株価も下がると云われる。

 それは、この時間差を知れば充分分かるであろう。

 2017年度末の株価は、21,454円30銭である。

 上場企業の3月期の決算に大きな影響を与える金額である。

 1年前の2017年3月末の日経平均株価は、18,909円26銭であったから、1年間の変動率は、


           21,454円30銭
        ───────── = 1.135                            
           18,909円26銭

13.5%アップである。

 この株価のアップは、、企業の保有株式の資産価格アップに繋がる。

 過去の3月末の日経平均株価を下記に記す。

     2008年3月末    10,252円54銭
     2009年3月末     8,109円53銭
     2010年3月末    11,089円94銭
     2011年3月末     9,755円10銭
     2012年3月末    10,083円56銭
     2013年3月末    12,397円91銭
     2014年3月末    14,827円83銭
     2015年3月末    19,206円99銭
     2016年3月末    16,758円67銭
     2017年3月末    18,909円26銭
     2018年3月末     21,454円30銭

 ドル、ユーロの対円を記す。

    1ドル=106.42円
        1ユーロ=130.90円

 2018年3月末の日経平均終値21,454円30銭を、ドル表示すれば、

              21,454円30銭÷106.42ドル=201.60ドル

201.60ドルである。


  鑑定コラム759)
「2011年3月31日の日経平均株価は9,755円10銭」

  鑑定コラム877)「2012年3月30日(金)の日経平均株価は10,083円56銭」

  鑑定コラム1063)「2013年3月末の日経平均株価は12,397円91銭」

  鑑定コラム1186)「2014年3月31日 日経平均株価は14,827円83銭」

  鑑定コラム1622)「2017年3月31日 日経平均株価は18,909円26銭」

  鑑定コラム1699)「日経平均15日連騰の株高 総選挙政権与党圧勝」

  鑑定コラム1705)「日本の株価はこうして上がっているのか」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ