○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2691) 東京ビジネスホテル料金 2023年11月10,843円、12月15,847円

 武漢発の新型コロナウイルスは、2020年2月に日本に上陸した。2020年2月の東京駅周辺のビジネスホテル料金は、10,498円であった。

 それから3年10ヶ月経った。

 日本に上陸した武漢発の新型コロナウイルスは、ビジネスホテル業界を苦境に落とし込み、大変な経済的影響を及ぼした。

 2023年11月1日に11月22日(水)の、2023年11月29日に12月20日(水)の東京駅周辺のビジネスホテル宿泊料金を調べた。

 条件は、ビジネスホテル、朝食付 シングル、禁煙部屋とする。

 ホテル宿泊料金は、私がいつも使っているホテル予約ネットの「じゃらんnet」(リクルート)に発表されている宿泊料金とする。

 東京の2023年11月22日、12月20日のビジネスホテルの料金、前月比、料金DI値は、下記のとおりである。

                  宿泊費       前月比       料金DI値
   東京11月     10,843円     -36%       -85
   東京12月     15,547円      +46%      +87

 東京のビジネスホテル料金が、2022年2月は7,000円台を切り、6,946円になり、そして3月には、なお下がり6,792円になってしまい悲観していた。

 4月は7,840円となった。5月は8,261円と8,000円台になった。その反動が6月に出て、6月は8,000円台をかろうじて維持する8,006円になった。

 7月は8,934円と9,000円台に載るかなと思う料金になった。

 8月は、ニッパチの8月の諺通り、がたんと落ち込んで7,894円である。前月比▲12%の料金ダウンである。

 9月は8月の料金より9.4%高の8,638円となった。

 10月は前月比20.1%高の10,379円となった。待望の1万円台の料金になった。政府の新型コロナウイルス感染対策の方針転換が原因した結果なのか。

 そして11月は、凄まじい値上りで前月比31%高の13,584円となった。1万円以下のホテルは20ホテルの内2ホテルのみである。

 多くのホテルが予約で満室状態になり、予約が取りにくい状況になっていたのでは無いかと推定される。それは、調査日時点で、いつもはある常連ホテルの名前が消えていたことから推測できた。

 新型コロナウイルスが日本に上陸し拡大し始めた2020年2月の東京のビジネスホテルの料金は、10,498円であった。

 2022年11月で、東京のビジネスホテル業界は、新型コロナウイルス感染の影響を完全に乗り越えたと判断出来る。

 12月は、11月の反動で料金が下落するかと思われたが、13,353円で▲1.7%の下落である。実質的には横ばいの料金状態といえる。

 そして2023年1月の新しい年となる。コロナウイルス上陸後4年目に入る。

 2023年1月は13,893円である。前月比+4%アップで、コロナウイルス上陸後最高の料金になる。1万円以下の料金のビジネスホテルが無くなった。

 2023年2月は、ニッパチの諺通り前月比▲11%となって、12,243円となった。1万円を割るホテルが26ホテル中で5軒出た。

 日本政府は、これまで屋外では原則着用としてきたマスクについて、2023年3月13日からマスクの着用は個人判断にまかすという政策とした。

 加えて、2023年3月、新型コロナウイルス感染の影響も少なくったことから、政府は海外からの訪日観光客の訪日制限を緩くした。

 海外からの訪日観光客の姿を東京でも多く見るようになってきた。

 2023年3月のビジネスホテル料金は、再び最高の金額の16,379円となる。

 2023年3月の料金は、前年同月の料金に対して2.41倍(16,379円÷6,793円=2.41)である。
 
 2023年4月は16,265円で、3月料金とほぼ横ばいである。

 2023年5月8日より新型コロナウイルス感染は、今迄感染症2類に分類されていたが、5類に分類されることになった。

 その分類の影響が、ビジネスホテルの料金にどの様に影響しているか分からない。全く影響を与えていないかも知れない。

 5月の東京駅周辺のビジネスホテル料金は、4月より▲7%ダウンして15,124円になった。

 4月は1万円台以下の料金のホテルは1ホテルあったが、料金が下がった5月は、不思議な事に1万円以下のホテルはゼロになった。2023年1月以来の現象である。2万円を越すホテルが3軒出て来た。

 6月の東京のビジネスホテル料金に、下記のごとくの変調が見られる。

 6月の料金は前月比▲22%となり、11,754円と大巾減である。加えてニッパチの2月の料金を下回る料金になった。

 銀座ベルビューホテルは前月比▲50%、銀座国際ホテルは▲41.6%の料金下落 である。前月比▲30%〜▲39%の料金下落したホテルは8ホテルである。

 一体、何があったのか。

 7月は6月の下落とは様変わりで前月比+26%アップの14,821円である。

 8月はニッパチの8月であるから大巾に下落すると思ったが、7月の前月比-4%ダウンに留まり、14,305円である。

 9月は、最近の異常気象現象の一つなのか暑い9月が続いた。その為か前月比-4%である。

 10月は、9月の反動も入っているのか、+24%アップの17,002円で、最高料金となった。

 ホテルデータは少なく、アパホテルのデータばかりの状態である。予約満室で、「じゃらんnet」募集枠が終了したホテルが多いと思われる。

 データ収集は、3週間前の期間で考えていたが、それでは間に合わなくなりそうであり、1ヶ月前のデータ収集とならなければ、満足なホテル料金データが収集出来なくなりそうである。

 2023年は最高料金の記録が3月、10月と出現する。

 11月は、前月10月が過去最高料金をつけた反動で大幅下落である。−36%下落の10,843円である。

 データ数は10月が13件であったのが、11月は27件と倍増する。

 12月は、11月が下落した反動で前月比+46と値上がりし、15,847円となる。

 データ件数は19件である。

 料金の上下は、データ件数を見ているとある程度わかりそうである。

 ビジネスホテルは激しく上下している。

 DI値は、2023年1月が+20、2月が−93、3月が+100である。4月は+23である。5月は-50である。6月は-100である。東京のビジネスホテルのDI値が-100になるのを初めて見ることになった。7月は+100である。3月に続いてDI地+100を再び見る。8月は-47である。9月は-15で、10月は+100である。7月に続いて再再度の+100である。

 11月は-85、12月は+87である。上下が激しい。

 東京駅周辺の2020年2月〜2023年12月迄のビジネスホテルの料金の推移をグラフにしたのが、下記のグラフである。



2020年2月〜2023年12月東京ホテル料金





 下記に、2023年9月20日、10月19日の東京駅周辺のビジネスホテル料金分析一覧表を記す。



 (2023年11月22日)
番号 ホテル名 令和5年10月19日ab 令和5年11月22日b 変動率 b/a-1
1 京王プレッソイン大手町 18900 9400 -0.503
2 ホテルリソル秋葉原 16830 11900 -0.293
3 アパホテル神田駅前 19600 9400 -0.520
4 京急EXイン東銀座 17000 10110 -0.405
5 ホテルビスタ東京築地 19300 13600 -0.295
6 グランドセントラルホテル 11735 8435 -0.281
7 ホテルインターゲート東京京橋 23200 13940 -0.399
8 東急ステイ日本橋 18200 9900 -0.456
9 相鉄フレッサイン神田大手町 17000 9900 -0.418
10 ホテルかずさや 21890 12100 -0.447
11 銀座キャピタルホテル 13000 7500 -0.423
12 エスペリアイン日本橋箱崎 15360 10360 -0.326
13 東横イン茅場町駅 8610 8925 0.037
14 銀座国際ホテル   10840  
15 ホテルスイ神田   10600  
16 ホテルリブマックス日本橋箱崎   9100  
17 センターホテル東京   8000  
18 イビすスタイルズ東京銀座   13430  
19 秋葉原ワシントンホテル   11080  
20 ホテルモントレ銀座   16690  
21 ウ゛ァィアイン秋葉原   9000  
22 スマイルホテル日本橋三越前   7940  
23 ホテルグレイスリー銀座   13840  
24 銀座グランドホテル   15300  
25 アルモントイン東京日本橋   6900  
26 銀座ベルビューホテル   7000  
27 銀座クレイトン   17570  
  平均   10843  
  標準偏差   2880  
  変動係数   0.266  

 (2023年12月20日)

番号 ホテル名 令和5年11月22日a 令和5年12月20日b 変動率 b/a-1
1 京王プレッソイン大手町 9400 15800 0.681
2 ホテルリソル秋葉原 11900 18630 0.566
3 アパホテル神田駅前 9400 16000 0.702
4 京急EXイン東銀座 10110 13920 0.377
5 ホテルビスタ東京築地 13600 14310 0.052
6 グランドセントラルホテル 8435 10835 0.285
7 東急ステイ日本橋 9900 14900 0.505
8 相鉄フレッサイン神田大手町 9900 15300 0.545
9 銀座キャピタルホテル 7500 12000 0.600
10 エスペリアイン日本橋箱崎 10360 12400 0.197
11 スマイルホテル日本橋三越前 7940 11902 0.499
12 銀座グランドホテル 15300 19550 0.278
13 ホテルグレイスリー銀座 13840 25530 0.845
14 センターホテル東京 8000 13050 0.631
15 イビススタイルズ東京銀座 213430 22430 -0.895
16 アパホテル銀座宝町   16300  
17 ホテルスイ神田   15100  
18 銀座国際ホテル   15840  
19 アパホテル銀座京橋   17300  
  平均   15847  
  標準偏差   3681  
  変動係数   0.232  



  鑑定コラム2289) 「野戦病院を造れ 何故造らないのか」

  鑑定コラム2343) 「京都のビジネスホテル経営者は現金だ 2021年12月」

  鑑定コラム2432) 「東京のビジネスホテル料金 1万円台8ホテル 2022年7月」

  鑑定コラム2444) 「ニッパチのジンクス 2022年8月の東京ビジネスホテル料金」

  鑑定コラム2468) 「2022年9月の東京ビジネスホテル料金 1万円台5ホテルになる」

  鑑定コラム2042) 「ビジネスホテル宿泊料金が激しく下落している」

  鑑定コラム2490) 「東京ビジネスホテル料金1万379円になる 2022年10月」

  鑑定コラム2527) 「東京ビジネスホテル料金凄まじい値上り 13584円 2022年11月」

  鑑定コラム2519)「ビジネスホテル業界は新型コロナウイルス感染の影響を乗り越えた 2022年11月」

  鑑定コラム2531)「東京ビジネスホテル料金18軒中14軒が1万円以上 2022年12月」

  鑑定コラム2551)「東京ビジネスホテル料金1万円以下がなくなった 2023年1月」

  鑑定コラム2565))「ニッパチの東京ビジネスホテル料金 前月比▲11% 12,243円 2023年2月」

  鑑定コラム2578))「2023年3月東京ビジネスホテル料金 前年同月比2.4倍 16,379円」

  鑑定コラム2586)「2023年4月東京ビジネスホテル料金 前月比横ばい 16,265円」

  鑑定コラム2604)「2023年5月東京ビジネスホテル料金再び1万円以下が無くなった 15,124円」

  鑑定コラム2620)「2023年6月東京ビジネスホテル料金 何があったのか DI値-100 11,754円」

  鑑定コラム2629)「東京ビジネスホテル料金 2023年7月14,821円、8月14,305円 」

  鑑定コラム2657)「東京ビジネスホテル料金 2023年9月13,694円、10月17,002円 」


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ