○鑑定コラム


フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

田原都市鑑定の最新の鑑定コラムへはトップページへ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ

2672) 不動産業年間貸出額過去最高14.1兆円 国内銀行2023年9月末 日銀は何を考えてるのか

 2023年11月16日、日本銀行は、2023年第3四半期(2023年7月〜9月)の銀行の貸出先別貸出額を発表した。

 それによると2023年7月〜9月の国内銀行の不動産業への新規貸出額は、3兆5763億円である。

 前年同期は、3兆0553億円(発表時の金額、以下同じ。発表後に金額が変更されている場合が多々あるため)であったから、前年同期比では

                     3兆5763億円
                  ────────  ≒ 1.171                        
                     3兆0553億円
17.1%アップである。

 四半期の対前年同期比の増加率は、下記である。
        2021年7月〜9月   前年同期比  + 4.3%
    2021年10月〜12月  前年同期比  +26.3%
    2022年1月〜3月   前年同期比  + 9.6%
    2022年4月〜6月   前年同期比  +10.4%
    2022年7月〜9月   前年同期比  +17.7%
        2022年10月〜12月  前年同期比  + 2.2%
        2023年1月〜3月      前年同期比    +23.1%
    2023年4月〜6月   前年同期比  +26.6%
    2023年7月〜9月   前年同期比  +17.1%
である。

 貸出額の大巾増加である。

 2023年第3四半期末直前1年間の貸出額を記すと、下記である。金額は発表時の金額である。

            2022年第4四半期      3兆1430億円
            2023年第1四半期      4兆4440億円
            2023年第2四半期   3兆0272億円
            2023年第3四半期   3兆5763億円
                計              14兆1905億円

 各四半期末直前1年間不動産業貸出額は、下記である。
            2016年12月           12兆3388億円
            2017年3月            12兆3580億円
            2017年6月            12兆1569億円
            2017年9月            11兆7927億円
            2017年12月           11兆7070億円
            2018年3月            11兆3894億円
            2018年6月            11兆3064億円
            2018年9月            11兆2219億円
            2018年12月           11兆03434億円
            2019年3月            10兆9189億円
            2019年6月            10兆7439億円
            2018年9月            10兆8577億円
            2019年12月           11兆0715億円
            2020年3月            11兆2599億円
            2020年6月            11兆3390億円
            2020年9月            10兆8391億円
            2020年12月           10兆6697億円
            2021年3月            10兆4344億円
            2021年6月            10兆3828億円
            2021年9月            10兆4889億円
            2021年12月           11兆1311億円
            2022年3月            11兆4459億円
            2022年6月            11兆6710億円
            2022年9月            12兆1305億円
      2022年12月      12兆1979億円
      2023年3月       13兆0330億円
      2023年6月       13兆6695億円
      2023年9月       14兆1905億円

 14兆1905億円である。 2023年6月末13.6兆円を突破して過去最高年間貸出額となった。日銀総裁もやっと変わり、金融政策が変わるのかと思ったら、不動産業貸出額はなお増額となっている。

 一体、日本銀行は何を考えて、不動産業への貸付を増額し続けるのか。

 2023年3月以降の貸出額を除けば、それまでの過去最高は、2017年3月の12兆3580億円である。6年前である。

 これが黒田東彦日銀総裁が残した仕事である。

 国内総生産はさっぱり伸びない。

 日銀は金融超緩和政策を行うことによって、産業の活性化を計り、国内総生産を高めようとしたのであろうが、結果、金融超緩和の金は、株式と不動産に回り、株価高騰、地価高騰現象を引きおこしてしまった。

 不動産業に対する国内銀行新規総貸出額に占める割合は、2023年第3四半期の割合は27.8%である。

        国内銀行総貸出額    50兆9816億円
        不動産業貸出額       14兆1905億円

    14兆1905億円÷50兆9816億円≒0.278

 不動産業の国内総生産に占める割合は、私の計算によれば、4.2%(鑑定コラム1556)である。

 国内総生産に占める割合4.2%の不動産業に対して、国内銀行が全貸出額の27.8%を貸し出す現象は、間違っている。

 その様な政策をしていては、国内総生産が伸びる筈が無かろう。国内総生産の60%を占める民間給与が増加することは無かろう。

 金の使い道を大間違いしている。経済学者は、一体何をしているのか。

 上記四半期末直前1年間の貸出額をグラフにしたのが、下図である。




国内銀行不動産業貸出額2023年9月末




  鑑定コラム2326)「日銀はいつまで許すのか 不動産業への年間10兆円超の貸出額」

  鑑定コラム2295)「不動産業への新規貸出額2021年6月期 対前年同期比▲2.4%減」

  鑑定コラム2223)「最近20年間の国内銀行の不動産業貸出額の推移グラフ2020年」

  鑑定コラム2232)「日本最高値地価▲7.1%ダウン  2021年地価公示価格」

  鑑定コラム2083)「日本最高地価と不動産業貸出額」

  鑑定コラム1542)「東京の最高地価と推移」

  鑑定コラム1556)「帰属家賃を控除した不動産業の国内総生産はどれ程か」

  鑑定コラム2403)「不動産業への国内銀行新規貸出額増が続く 2022年第1四半期」

  鑑定コラム2443)「国内銀行不動産業新規貸出額 2022年第2四半期直前1年間11.6兆円」

  鑑定コラム2506)「最高額に近づく国内銀行年間不動産業新規貸出額 2022年第3四半期12.1兆円」

  鑑定コラム2561)「国内銀行不動産業への年間貸出額 過去最高に迫る 12兆2千億円 2022年」

  鑑定コラム2594)「不動産業年間貸出額過去最高13兆円 国内銀行2023年3月末」

  鑑定コラム2630)「不動産業年間貸出額過去最高13.6兆円 国内銀行2023年6月末 もう止めよ」

フレーム表示されていない場合はこちらへ トップページ

前のページへ
次のページへ
鑑定コラム全目次へ